人事担当が人手不足・人材不足で求人募集の訴求方法がわからないなら?

「中小企業」の画像検索結果

こんにちは。

生活お役立ち情報タンキュウニンです。(探求人)

最近聞くワードとして人手不足・人材不足があります。

会社や企業の経営者や人事担当者は求人採用で頭を抱えているのではないでしょうか?!

求人情報として各自治体のハローワーク、新聞、新聞折り込みチラシ、求人雑誌が主流になってます。

しかし、インターネットの普及により現在は仕事を探しているほとんどの人が就職や転職はスマホやPCで求人の情報探しているのが現状なのです。

時代の変化で紙媒体から電子媒体のいわばインターネットで求人を訴求する時代に変化しているのです。

Goodleのしごと探しやCMでお馴染みのIndeed(インディード)での求人情報を検索している人が約1000万人いるのにビックリしました!

これだけたくさんの人がインターネットで求人を検索しているんですから、紙媒体での求人募集では見込みが少ないのがわかります。

求人募集を出しても募集が集まらないのは、決してあなたの会社や企業に魅力を感じないから、興味がないからではないのです。

その求人情報すら仕事を探している人には伝わってないですし、知らないからなのです。

なぜなら若者をはじめ就職や転職を探している人のほとんどが紙媒体からではなくインターネットの電子媒体から情報を検索して求人先を探しているのです。

インターネットで求人募集や採用をお考えの経営者の方や人事担当者の方はこちらをご覧ください。

 

2020年の東京オリンピックに向けて都心部を中心に各地方の都市も盛り上がってきています。

競技場をはじめ、宿泊地、飲食店、サービス施設の建設で人手・人材不足が深刻の建設業があります。

その他オリンピックに向けてさまざまな会社や企業が企画・戦略を考えているに違いありません。

東京オリンピックが開催されることにより世界の国と地域の人が日本に興味を持ち日本全体が活気つく時でもあります。

そんな大切な時期を迎える来年を目の前に今から始めておくこととして会社・企業のアピールと共に人手・人材を確保しておかないといけません。

オリンピックとは直接関係のない会社や企業もありますが、これからどんどん少子高齢化になっていきますので、会社・企業の売上げや利益はもちろん大切ですがそれと同様に大切なのが『人材』なのです。

ITの時代とはいえ、それを扱ったり開発しているのは『人』です。

会社や企業で一番大切なのは商品でもサービスでもなく『人』だということです。

だからこそ、今の人手不足・人材不足という問題をいち早く解決していち早く取り組んでいける会社や企業がこれから先も向上していける会社・企業になれると信じております。

・時代の先を見据えて人手・人材を求人募集して採用する。

・優秀な人材を採用する。

・人を大切に考える会社や企業目指せる

そういった理念と確かな可能性があれば求人者への思いは伝わるはずです!!

インターネットという電子媒体は無限の可能性を兼ね備えた人材へ

あなたの会社・企業の存在を知らせて届けてくれることでしょう。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください