ドローンの操縦方法をマスターしたいならスクールで学ぶのがベスト!

こんにちは。

生活お役立ち情報タンキュウニンです。(探求人)

実体験等も 交えて語っておりますので皆さんにお役立ちになる情報になれば幸いです!!

今やドローンはテレビの映像には欠かせないものになってます。

報道や災害にも活躍して人が行けない場所や入れない箇所への映像を私たちに 提供してくれる最新な機械へと進化を遂げております。

その反面でドローンによるトラブルや事故も多発しているのが現実なんです。

それもそのはず、最新の機械とはいえやはり操縦してしいるのは人です。

操縦を誤ったり機械の点検が欠けていたりルールを守らなかったりすると起きてしまうのはトラブルや事故です。

最近、国土交通省より規制を強める方針のもと、ドローンの「飲酒運転」がまもなく禁止されるとのことです。

ドローン(小型無人機)の飲酒状態での操縦を禁止する航空法の改正案が国会で審議中で近く成立する見通しです。

ドローンの普及に伴い、トラブルや事故も増加していることにより国土交通省は、飛行前点検の義務化や事故時の立ち入りを安全に向けた規制を強めている。

ドローンは2015年の航空法改正で、200グラム以上のものについてイベント会場などの人口が密集する上空や空港周辺、夜間や目視出来ない範囲での飛行をさせる場合などに国の許可が必要になっています。

しかし、安全運転に関する具体的な取り決めは十分に整備されていないのが現実です。

今回の法案で、飲酒の状態で正常に操縦飛行させれない恐れがある状態や、騒音を出したり急降下させたりする危険な操縦飛行が禁止となる。

もちろん、飛行前の機体点検や気象状況の確認の事前準備を義務付づける。

飲酒運転(飲酒操縦)は1年以下の懲役か、30万円以下の罰金、

その他の違反は50万円以下の罰金を課す。

飲酒操縦の禁止は改正法の成立から3カ月後に施行される見通しです。

ドローンの歴史】

ドローンの歴史は意外と古くからあります。

ラジコンみたいな感覚の操縦で、危険な場所や撮影に使用されることはご存じの通りですが、

そもそも第二次世界大戦中に研究が始まり、完全に軍事での使用が目的でした。

無人機に爆弾を搭載してそのまま敵地に体当たりさせる神風特攻隊の全盛です。

結果的に第二次世界大戦に実用化したものの戦略面で成功させることはできませんでした。

その後、1970年代では偵察を目的としてドローンが作られるようになり、アフガニスタンの紛争・イラク戦争で敵地を攻撃する目的としても使用された。

現在でも軍事的に使用されていますが、遠隔地からの操縦者が操縦するタイプがほとんどで攻撃の際に誤って民間人に被害が及ぶことも多いことが問題になってます。

ドローンの小型化高性能化は現在でも軍事目的を主に開発がされています。

ドローンが民間で使用されるようになったのは最近の話しになります。

1990年代に農薬を散布することを目的に広まったと言われております。

その後、機材の小型化が進み、一般的にも簡単な航空写真が撮れるようになりました。

報道や趣味などの民間でも撮影目的でドローンが使用されるようになっております。

海外では上手くいっているかは別として、宅配物を依頼者の玄関先に届けるサービス展開して企業もあります。

ドローンの操縦に免許は必要なの?

ドローンの操縦には車の運転免許みたいなものが必要なのかと思っていましたが、実際はドローンの操縦に免許は要りません。

今の日本にはドローンの操縦に免許というものが存在しません!

ということは、誰でもドローンを操縦して飛行させることができるのです。

【ドローンの種類と法規制の基本知識】

ドローンは2015年12月の改正航空法で法規制が入りました。

ドローンの規制には重量が200グラム未満か200グラム以上で法規制が対象か対象外になります。

【重量200グラム未満のドローン】

一般的にトイドローンと言われております。

航空法の対象外になります。

【重要200グラム以上のドローン】

報道や撮影に使用される空撮用のドローンになります。

この200グラム以上のドローンは航空法の対象になります。

※違法行為

・違法エリアへの飛行

・目が行き届かない場所への飛行や夜間

・イベント等で飛行

・人や物と30m以上離さないといけない

上記を守らないと違法になり50万円以下の罰金が課せられます。

200グラム未満で初心者向けのドローン

↓ ↓ ↓

U31w ドローン Navigator ホバリングしやすい WIFI FPV 1080P広角カメラ スマホで操作 APP 気圧センサー ヘッドレスモード 高度維持 撮影 人気 【送料無料】価格:8,900円

【ドローンのトラブル・事故】

国内外で起きているトラブルで一番多いのは、プライバシーの侵害による訴訟です。

ドローンには簡単に撮影機器を搭載できるものや、最初からドローン自体に搭載されているものもあります。

単純な操縦で飛行できてしまい、飛行目的でドローンを飛行させたことにより他人の家にドローンが侵入してしまったケースもあり訴訟が発生することがあります。

日本では安全にドローンを操縦して飛行する人が増えてきたため一部でこういった問題が起きてたのですね!

海外では興味本意と面白さで他人の家に対しドローンを操縦して飛行させる人もいるとか?!

その他のトラブルとして、ドローン自体が墜落してしまい、所有者以外に接触したりぶつかったりしてトラブルになるケースがあります。

ましてや、飲酒状態での操縦により飛行させたら、車の運転同様に判断を誤まりトラブルや事故は起こりやすくなるはずです。

ドローンの「飲酒運転」禁止の法案はむしろ当たり前のことかもしれません!

ドローンの重量は軽いので大事故にはならないと考えている人もいますが、

ドローン自体の突起してる部分が人に当たったり、接触すると重軽傷するケースは十分に考えられます。

ドローンは精密な動作で飛行するだけでなく、たくさんの情報を保有できる通信機器でもあります。

そのため、映像の記録だけでなく、情報収集を盛んに行っているため、要らぬ疑いをかけられることも場合によりあるのです。

例えば、特定の地域、人物の撮影を行っている場合、本当に許可を得て空中撮影を行っているのか、集めた情報は公開できるのか、公開に関わる記録は残っているのかを、細かく聞いてくる人もいます。

実際に、ドローンは許可を得ている場合に飛行させて良いというルールが存在するので、無許可で飛ばすのはダメだと思ったほうが賢明かもしれません。

もし、ドローンを安全に飛ばしたい際は、なるべく人のいない場所(海岸など)でテストフライトを楽しむくらいがちょうどいいかもしれません。

空気, ドローン, フライト, 職業のアイコン, パイロット, 平面, リモート

また、人毛ない場所でも安全に飛ばせる、トラブルにならないと定まっているわけではありません。

念には念を!細心の注意が絶対に必要になります。

山の中でも誰かの所有地であるケースは十分に考えられ、なにも知らずにドローンを操縦して飛行させたことにより、注意される、もしくは口喧嘩にまで発展することもあるのです。

今やSNSや動画サイトで、自由にドローンを飛ばしている映像を見ると、ドローンはかなり自由に扱えると思ってしまいます。

しかし、これらの映像は厳しいチェックが入っているだけでなく、許可申請や撮影許可を通しているものが多いので、ドローンを使用する際は、国、地域に見合った使用と、ルールの遵守を意識しなければなりません。

対人トラブルの中には多額の賠償金が発生するものもあります。

こういったトラブルを安全に解決するためにも、ドローン専門の保険に加入しておいたほうが、安全です!!

ドローンは操縦して飛行させる人に責任があります。

ドローンは最新機器で報道や撮影、そもそも軍事的に使用するのが目的とれています。

最近は一般的にも高性能なドローンがお手頃価格で販売されていますので、誰でも購入でき、法規制を守って使用すれば趣味として、仕事として、報道や軍事的での世の中に役立つこととしてドローンはもっともっと活躍の場が増えることでしょう!!

ドローンスクール 中目黒校 無料説明会 開催中!!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください