営業成績が悪い人【必読】成績が上がる3つの基本的な行動と考え方

 

サラリーマンが抱く悩みを『勝手にランキング』にしてみました。

サラリーマンが売上成績をUPして出世するためには何をどうすればいいのか?

ランキングを見てあなたはこれからどんな行動をしていきますか?

 

「営業成績」の画像検索結果

サラリーマン営業成績を上げる秘訣ランキング

★第3位★

期限、期日は必ず厳守する

取引先への見積書や提出書類の期限期日を守るのは当たり前のことですが意外とこの当たり前のことが出来ていないことがあります。

期限期日のギリギリになったり、半日から1日遅れたりすることにより相手はあなたのことをいい加減な人と思い始めます。

どんな時でも常識ある期限期日内に物事を進めることにより相手はあなたのことを自然と信用することになります。

無理難題なことであれば最初に一言添えておくだけで良好な関係を保つことができることでしょう。

 

★第2位★

Noと言えない日本人にならない

昔から日本人に多いこととして『Noと言えない日本人』という言葉があります。

まさに断れない否定できない日本人が多いですね。

特にサラリーマンともなると断ったり否定したりすると今後の取引きに影響が及ぶのではないかと不安を抱き無意識のうちに軽請け合いをしてしまう傾向があります。

軽請け合いをすることにより不安が募り物事がスムーズに進まず、結果的に問題や失敗が生じることもある。

「出来ません」「無理です」とハッキリ断るのではなく交換条件を提示してみたり相手に選択肢を与えるように交わし方を活用することによりお互いがWinWinの関係を築けるように心がけるのが理想です。

★第1位★

アポ取り

アポ取りは営業の中で最も重要であることを理解して欲しいです。

『アポ取り=約束』は営業だけではなく多業種にいえることです。

アポ取り=約束は自身のスケジュール管理をスムーズにできて相手に信用と信頼を与えることができるのです。

バスケットボールの世界では『リバウンドを制するものはゲームを制する』と言われてます。

営業の世界でも『アポ取りを制するものは営業売上を制する』と私は勝手に考えております。

相手にアポ取りして約束をすることが出来ると信用と信頼が生まれ

自然と仕事が舞い込み、自然と営業成績が上がるのです。

 

【サラリーマン出世するためのささいなことランキング】

★第3位★

クチャクチャ音を立てて食べない

食事中に気になることといれば食べ方です。

特にクチャクチャ音を立てて食べる人は時々見かけますよね!

一人で自宅で食べるなら誰も気になりませんし誰も嫌な気持ちになりませんのでOKですが

サラーリマンともなると上司や先輩と会食に行ったり、取引先との会合があります。

そんな場面でクチャクチャ音を立てて食べる何気ないクセがでてしますと上司や先輩はこう思うでしょう!

『この子を取引先の会合に参加させるのは止めよう』

そういったささいなことが出世はおろか大事な商談や担当から外されてしまう理由のひとつになります。

正直クチャクチャ音をたてて食べるのは誰かが言わないと本人は気づきません!

そして気づいても相当な努力をしないと直りません。

なぜならクチャクチャ音を立てて数十年以上の年月を無意識に過ごしてきたのですから

直すのは並大抵の努力では改善できません。

早い段階で気づいてもらうために教えてあげましょう!!

 

★第2位★

食事中はひじをついたり足を組むのはダメ

ひじをついたり足を組んで食事をするということはテーブルマナーとしては非常識です。

いくら仲のいい友人との食事中でもこれは論外です。

昔から食事中に親から『ひじッ!!』と言われたことありませんか!?

これを言う親はいつか自分の子供が社会に出ても恥ずかしい思いをさせないために言ってくれているのです。

だから言ってもらえるうちは華です。

★第1位★

箸の持ち方が汚い

基本的に箸の持ち方が汚かったり、不自然になっていたりするのは生まれ育った環境での親のせいです。

幼い頃の親からの教育指導がなかったのが原因です。

ビジネスの世界では箸の持ち方次第で商談が破断したり取引きが減少することもあります。

ビジネスでは会食や会合での場が取引きでの重要な位置付けになる場合があります。

たかが箸の持ち方でと思うかもしれませんがビジネスでは意外と重要なことになります。

特に取引先となる相手は仕事内容はもちろんのこと人間性をを見ています。

逆のことを考えればすぐわかりますよね!

今後取引きしようと考えている相手と食事に行ったときに食事のマナーが悪かったり行儀悪かったら

あなたは気持ちよくその相手と仕事をすることができるかどうかです。

考えればわかることです!!

今さらですが箸の持ち方を改めて意識してみましょう!!

自分自身を見直し新しいことにチャレンジしたい人や今のスキルをもっと生かしたい人‼️

IT社会に必要不可欠なテクノロジーのプログラミングスクール

詳しくはこちらです

↓↓↓


●まとめ●

営業成績を上げる秘訣や出世するには意外と基本的なことの積み重ねが大切になってきます。

トーク力がある、経験や知識がある、プレゼン資料が立派、ブランド品を身に着けている

だけでは営業成績は正直上がりませんしむしろ下がります。

営業成績は相手の理解と信頼と信用を勝ち取った時に営業成績というご褒美をもらえるものです。

波がある営業成績より常に一定の成績を勝ち取れる人こそが真の営業人だと感じます。

当たり前のことを当たり前のように常にマジメで謙虚な姿勢で継続して取り組む

そんな人が営業成績を上げる人ではないでしょうか!!

そしてテーブルマナーが出世するために意外と重要なことも理解した方がいいです。

人が人をみて評価したり、付き合いやすい、付き合いにくいを決めます。

決して相手の目を伺い細かいことに気を遣って生活するわけではありません。

人として最低限のマナーや基本行動ができるかがカギになります。

あいさつをする、整理整頓を心掛ける、ゴミが落ちていたら拾う、困っている人がいたら助けてあげる

といった人としての行動が全てなのです。

サラリーマンに限らず生活していく全ての事柄はそういった最低限のマナーや基本行動で成り立っているのです。

【IT関連・テクノロジー・プログラミング】

転職を考えてるなら

未経験の職種でも転職したい!

IT関連を勉強したい!

そんな人にはこちらのプログラミングスクールを参考にしてくだい

詳しくはこちら

↓↓↓

 

 

営業成績が悪い人【必読】成績が上がる3つの基本的な行動と考え方” に対して1件のコメントがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください