30代男性の転職きっかけは職場の待遇と家庭の変化だった

「待遇不満 フリー画像」の画像検索結果

今の現状に不満や不安を抱いて、口には出さないが転職を考えている人は多いです。誰だって不満や不安の一つや二つはあるものです。中には数えきれないぐらい悩みを抱えている人もいるのでしはないでしょうか。

悩みの数は多かれ少なかれ誰しもが持っています。

特に30代になるとその考えは日に日に増してきます。不満や不安、悩みが転職を考えるきっかけになってきたりもします。

『あなたにとって転職を考えるきっかけは何ですか?』

これから最も仕事で輝く30代の世代に、転職を考えている人に、少しでも転職する時のアドバイスになれれば幸いです。

転職を考えるきっかけ

待遇への不満

転職を考える一番の理由として、やはり待遇への不満です。
みんな思っているのは、会社からいかに自分を大切に考えてほしいと願望があります。
担当業務の配置の願望、出世の願望、休日や残業手当ての願望、給料の願望は人によってそれぞれ違いますが、
結局行きつく先は給料への願望ではないでしょうか!

・業務で自分はもっといろんなことをしてみたい
・自分の能力をもっと発揮してみたい
・みんなに自分をもっと認めてもらいたい
・早く役職が上がりたい
・もっと出世したい
・休日出勤や残業手当てがもっとほしい

など願望は尽きることはありません。

この願望っていろんな業務をやることで、自分の能力を発揮して、みんなから認められ、昇進・昇格して
給料がもっと欲しいという願望から考えることなんです。

誰だって考えることですよね。

めちゃくちゃ当たり前のことだし、この気持ちが無くなったら正直働く生きがいがなくなります。

この当たり前の願望をもって毎日仕事に精を出していても、なかなか上手くいかないのが現実なんです。

そんな願望が有れば有るほど理想と現実はかけ離れいてことが多いのです。

特に30代は願望のかたまりが日に日に増して、理想と現実がかみ合わなくなる人が多くなるのです。

なぜ30代はそんなに願望が日に日に増していくのか?

家族の環境変化によって願望が増し増しになる

30代に限らず誰だって、家族の環境変化があれば心境にも変化があわられることでしょう。

子供が生まれて家族が増えたときなんかは、夢と希望に満ちあふれ嬉しい気持ちでいっぱいになりますね。
子供の成長に伴い嬉しい気持ちが増えると同じく養育費も増えます。

赤ちゃんのオムツや粉ミルク、ベビーカー、チャイルドシート、離乳食、と数えきれないぐらいお金はかかります。
いずれ幼稚園や保育園、小学校から中学校、高校から大学へと時期を経て進学していきます。

当然子供の成長に伴いお金はかかります。

これからもっともっと仕事を頑張っていかなきゃいけないと気持ちも高ぶってくる反面、ふと我にかえってしまうことがあります。

それは、
今の給料で家族や子供を養っていけるのだろうか?
・今の会社にいてこのまま生活していけるのだろうか?
・夢のマイホームは夢のまた夢なのか?

と不安なことを考えたくもないが、考えている自分がどこかにいるように感じますね。

なんとかなる!大丈夫だ!
と自問自答を繰り返すが、不安によりまた考えてしまうもの。

そういった家族の環境変化によって、会社の待遇や給料面が理想と現実につりあってないと不安になるのは当然です。

よって理想と現実の差を少しでも埋めようと転職を考えてしまうのが現実なんです。

回りの待遇を気にしがち

一度や二度やは気になったことはありませんか?
職場の同期や同僚、同級生や同世代の人がいくら給料もらっているか気になりまよね。

あの人は意外と自分より給料少かったんだ、はたまた、えッ!あの人こんなに給料もらってるの!
というように人の給料を知ると得することはありません。むしろショックを受けることの方が多いです。

新入社員の20代前半や高卒で入社した時は、多少の差はあるもののそんなにかけ離れた給料の差はないはずです。

でも30代になってくると、昇進や昇格によって役職もついてきて給料の差はついてきます。
企業にもよりますが、人と比較したときにその差がれっきとしてわかるのも悲しいものです。

回りの人と比較することによって、自分は給料が低い、待遇が悪いなどと思ってしまい、自ずともっと高待遇や給料を求めたくなり転職を考えることが多いのです。

職種や年収は押さえておきたいポイント

職種と年収

職種によっても年収はさまざまです。
今の時代、大企業だからといって必ずしも給料はいいかというと意外とそうではなくなってきている。
中小企業でも規模が小さいからといって給料が低いわけではないところもあったりします。

よく耳にする給料が高い職業といえば思いつくのが、医者、パイロット、大学教授、会計士や税理士、弁護士はどれも年収1,000万以上の職業ばかりで、一般的に転職しようと思っても簡単になれる職業ではありません。
中には資格を取得して専門学校に通って目指している人もいますが。

どんな職業や職種が年収だったり給料がいいのかを知っていて損をすることはないです。
あなたがこれから転職を考えているのであれば当然のことかもしれません。

ただ転職を考えている人の願望として求めていることは、年収1,000万以上、土日祝休み、いっさい残業なし、といった高望みをしているわけではありませんよね。

今の現状よりもあと2~3万円月の給料が上がったらいいな、土日祝は完全に休みではなくてもいいが休みが明確になっているかどうか、多少の残業はあってもいいが残業に対しての就業規則がちゃんとしているかどうか、転勤が有るか無いかなどの願望の方があるはずです。

それはそのはず。
子供が生まれて家庭での行事や用事が増えてこれば、子供の成長を一緒に祝いたいものです。
そんな子供の行事に、仕事を休めなかったり、休みを認めてくれない、そんな会社はもう時代遅れもいいとこです。
転職した会社がそんなブラックだったりしては家庭を大事にすることはできません。

家庭をもって子供がいる30代で転職を考えている人は、従業員のこと、その従業員の家庭のことまで考えてくれる会社を探して求めていることでしょう。

満足できる待遇で転職を考えるなら同業者がオススメ

同業者へ転職

新たな業界や業種へ転職を考えている人もいます。
新しい世界で一から再出発だ!と新鮮な気持ちで転職を考えるのもいいでしょう。

でも、あなたが今までやってきた仕事を少しでも生かせて、その経験値をさらにスキルアップできるのは
紛れもなく同業種なんです。

同業種であれば全くの素人よりもあなたの方が優れているのは間違いないことなんです。
採用する側からして見ても、未経験より経験者の方がいいに決まってます。
人材育成や教育にかかるコストと時間は少なければ少ないほどこしたことはありません。

間違いなく未経験者より経験値のあるあなたの方が、同業者へ転職するなら絶対的に有利なのです。

なぜなら私も30代後半で転職を考えて、そして同業者へ転職しました。

ただし、同業者とはいえ転職する前にやらなきゃいけないことがあります。
同業社へ転職する時に不安を解決しておきたいことです。

転職するきっかけを最大限生かすには

30代のあなたが転職を考えている理由はなんですか?
あなたが転職を考えるきっかけになったことは何ですか?

・給料があともう少しだけでも上げてほしい!
・休みの日を明確にしてほしい!
・家庭を大事にしたい!

転職する理由やきっかけは人それぞれ違いますが、30代で家庭を持っている人は意外と家庭の環境変化によって転職を考える人が多いです。

家庭を大事にする!だから仕事を頑張る!
生活に余裕が出てきたときに自分のスキルアップややりたいことを目指せばいいのです。

転職するときに考えておきたいこと

決して大企業だからといって給料が高いわけではないこと。
中小企業でも優良企業はたくさんあるということ。
新たな業界・業種よりも同業者へ転職した方が有利。
転職する理由ときっかけを肝に命じる。
家庭を大事にする人こそが仕事も頑張れる人。

30代で転職を考えているあなたは、自分では知らず知らずのうちに新たな挑戦を心に誓っていることでしょう。

一度きりの人生、やらずに後悔するよりやって後悔した方がまだましです。
転職で失敗したかといって人生で失敗することではありません。

今や転職サイトは豊富にあります。

優良な転職サイトとしてリクナビNEXTや求人情報豊富なマイナビエージェントで新たな業種や同業者の転職先を見つけることができます。

IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職の転職情報もたくさんあります。

あなたが望むような優良企業もありますので、転職サイトを活用してみてください。


転職はエネルギーと手間ひまがかかります。
失敗を恐れず当たって砕けるぐらいの気持ちとチャレンジ精神を持って行動していきましょう。

きっとあなたなら素敵な会社に出会えて充実した生活を手に入れることができるはずです。
前向きな行動を起こして転職を成功することを陰ながら祈っております。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください