Z世代の働き方!損する転職を避ける3つの方法

Z世代に関わらず、どんな世代の人でも損する転職は避けたいもの。

特にZ世代の人が転職で損をしないようにするにはある3つのことを意識しなければなりません。

実は、このある3つを意識しておくと有利に転職を進めることができます。

なぜなら、このある3つを意識するだけで転職が有利になるのはもちろんのこと、これからの人生にも役に立つからです。

Z世代の働き方!損する転職を避ける3つの方法

Z世代の人が損しない転職をするためには、3つのことを意識しておきましょう。

  • 転職する会社が成長業界かどうか?
  • 転職に過剰に期待しない
  • 自分の価値を知ろう

この3つを意識しているかどうかで、意識していない人よりも確実に転職を有利に進めることができます。

転職する会社が成長業界かどうか?

どんな優良な会社へ転職しても、どんな魅力的な会社へ転職できたとしても、その会社が今後成長はおろか衰退していく業界の会社であってはいけません。

年収は上がらず、ある日突然リストラ対象になったり、倒産したりしては元も子もない。

会社都合で転職せざるを得ない状況ほどキツイものはありません。

転職ほど前もって準備してするものであり、職を探さざるを得ない状況ではアセってしまい理想の転職はできません。

アセって職を探した結果、選択肢も減ってしまいあとあと後悔するハメに。

転職を考えて余裕がある今だからこそ、後悔しない転職にしたいですよね。

後悔しない転職するなら成長業界への道を考えるのが賢い転職です。

転職に過剰に期待しない

あなたが転職したいと考える理由は何ですか?

  • 給料が安い
  • 休みが少ない
  • 残業が多い
  • 仕事量が多い
  • 人間関係が嫌だ
  • 他にやりたいことがある


と、転職理由はさまざま。

この不満と不安を解消するために転職を考える人は多いけど、損して失敗する人もそれ以上に多いのが現実なんです。

なぜなら、転職する会社に過剰に期待し過ぎるから。

今の会社よりはマシだろう。

今の会社よりは待遇がいいだろう。

今の会社にいるクソ上司以上はいないだろう。

もっと自分を認めてくれるはずだ。

と、期待を抱くのはいいけど、自分の都合のいいように期待が膨れ上がることがある。

自分勝手な過剰な期待が転職では損して失敗する原因に。

転職する会社の実態は、実際に入社して勤務しない限りわからないもの。

ならば、期待値のハードルを下げて挑めばいいだけのこと。

そんな気持ちで挑めば、どんなささいなことでも受け止めやすくなります。

期待値が高くなればなるほど、ささいなことでも不満が高まり、いずれ近い将来にまた転職を考えることになる。

負の連鎖による転職ほど、自分で自分の首を絞めることになりますからね。

そのためには、過剰な期待はしないようにしましょう。

自分の価値を知ろう

Z世代に限らず転職で損したり失敗する人の特徴は、自分の価値を理解していない人です。

例えば、ある会社に新卒で入社して半年もたたずに辞めて転職した。

転職理由は『自分に合ってない会社だから』自分に合っていない会社という理由で辞めることは問題ないけど、果たして自分に合った会社なんて本当にこの世に存在するのだろうか?

何が言いたいかというと、自分に合った会社なんて、自分が起業して会社を立ち上げない限り存在しないということです。

自分に合った会社ではなく、自分の考えや特技を試せる会社を探すのが正解です。

ましてや、社会人半年でその業界や業種の経験や知識を得ることはできません。

半年で得た知識や経験は、継続しない限り半年もたたずに忘れ去られます。

少なくとも一つの会社で1~3年の経験を積めば、自分の得意・不得意、会社や業界のことがわかってきます。

そこで初めて自分の価値を見いだせることもある。

自分の価値を理解して、得意・不得意を意識すれば、

こんな業界の仕事をやってみたい!

こんな業種に興味がでてきた!

こんな分野にチャレンジしたい!

みたいな感じで新たな自分の価値が発見できます。

【合わせて読みたい】

Z世代の働き方

昭和世代は、会社に入社してから定年を迎えるまで一つの会社で勤める人がほとんどです。

リストラや倒産でもしない限り、一つの会社に依存し続けます。

これからZ世代の人は一つの会社で定年まで働く人は少なくなります。

というより、一つの会社で依存するよりいろんな分野で転々とする働き方が増えてくる。

有名な大学に入学して、大手企業に入社するという王道は、もはや時代遅れのような気がします。

いくら大手企業に入社したとしても、大手企業もいつ衰退する会社になってしまうかわかりません。

大手企業特有の会社の確執や、職場のハラスメントもなくなるどころか年々増えています。

出世なんてごく一部の人間に与えられた運命みたいもので、実際に大手企業に入社するメリットが年々薄れてきている。

会社に依存しない働き方

これからの時代は、いかに会社に依存せずに働くかがカギになってきます。

例えば、将来に向けてメディア運営をするフリーランスになりたいなら、Webマーケ会社でメディア運営やマーケティングを学ぶのが一番手っ取り早く知識を吸入できる。

職人として手に職をつけたいのなら、建設業や専門分野の会社で働くことで知識と経験値を磨くこともできる。

一つの会社で淡々と働くより、いかにやりたい事やなりたい自分の将来に向けて専門知識を身に付けるために働くと、1年後・3年後・5年後は確実に周りの人と差がつきます。

いわば会社で働くのは、やりたい事・なりたい自分のための専門学校に通うぐらいの感覚でいい。

専門学校に通って、なお毎月定額の給料が貰えて、専門的な知識や経験が得られればいうことなしですよね。

そして、やりたい事やなりたい自分磨きを同時進行で継続して、いずれ会社を辞めて独立することも可能になってくる。

会社に依存するのではなく、会社は知識や経験を学び吸収する場所。

それを生かして、やりたい事・なりたい自分磨きをする専門学校と思えれば、自ずと意欲は湧いてきます。

・給料が安いから

・休みが少ないから

・残業が多いから

・仕事量が多いから

・人間関係が嫌だから

・他にやりたいことがあるから

こんな眠いことを言っているヒマはありません。

会社は自分磨きをする専門学校だと思えば、転職する会社は自然と絞られてきます。

とはいえ、これから衰退していく業界や業種で働くことはおすすめできません。

やりたい事・なりたい自分磨きをするにも、やはり成長業界で働くことが大前提なのは言うまでもありませんね。

≫ やりたい事・なりたい自分磨きをするなら

まとめ Z世代の働き方!損する転職を避ける3つの方法

損しない転職をするには、3つを意識しよう。

・転職する会社が成長業界かどうか?

・転職に過剰に期待しない

・自分の価値を知ろう

転職する会社が成長業界かどうか?

転職しようとしてる会社が、衰退していく業界の会社であってはいけません。

損しないためにも、転職に過剰に期待しないことが大切になってきます。

自分の価値を知って、会社に依存しない働き方をするのが今のZ世代が目指す働き方でもあります。

何ごとでもそうですが、まずは動いてみないと何も変わりません。

じゃあ、本記事で紹介した「Z世代の働き方!損する転職を避ける3つの方法」を試すタイミングはいつか?

その答えは、会社を辞める前であり、今すぐ行動が一番の正解なんですよね。

やりたい事・なりたい自分磨きのためにも、思い立ったら即行動で前進あるのみ!