転職するなら成長業界へ

『2022年以降も伸びる業界はどこだろう?』

『将来性のある成長業界に転職したい!』

『これから伸びる業界を教えて!』

コロナ禍で緊急事態宣言や飲食店の時短営業といったさまざまな影響により経済は停滞しています。

そんな中で、コロナ禍でも勢いがあり、2022年以降も注目したい業界があります。

これから伸びる業界も含めて成長している企業に転職する目的は、年収アップ・収入アップは言うまでもない。

今後危ない業界や、衰退業界でいくら頑張っても収入アップは期待できません。

これから転職を考えるなら、2022年以降も伸びる業界、今後危ない業界も把握しておく必要が絶対にあります。

2022年以降も伸びる9つの業界

2022年以降これから伸びる業界は以下です。

  • IT業界
  • 電子部品、半導体業界
  • エンタメ業界
  • EC業界
  • 倉庫、物流業界
  • 医療業界
  • フードデリバリーサービス業界
  • 農業業界
  • 宇宙開発業界

IT業界

2021年にも伸びる業界としてあげられたIT業界は2022年以降もさらに成長する業界です。

スマホやパソコンによってインターネットを利用するすべてのマーケティングが含まれるのがデジタルマーケティングになります。

デジタルマーケティングは、IT業界の中でも成長が著しい分野でもあり、WEB広告の成長は2022年以降も継続していきます。

IT業界に転職するなら

電子部品、半導体業界

電子部品、半導体部品はIT業界を支える重要な役割であることが、コロナ禍により生産ラインの減少で2021年は供給不足に陥りました。

日本の半導体産業は世界に比べると遅れ気味だが、成長著しい業界であることは変わっていません。

エンタメ業界

Netflix、Amazon Prime、Huluといった配信サービス動画配信サービスが人気になっています。

マンガやゲームなどをコンテンツとして扱うエンタメ業界は、サブスク利用者伸びてきていることもあり、2022年以降もさらに成長が期待される業界です。

動画クリエイター・Webデザイナー スクール

EC業界

EC業界はコロナ禍における巣ごもり需要を支える重要な業界といっても過言ではない。

2022年以降もEC利用者増加して、日用品や食品といったEC化率低かった分野も伸びていきます。

EC業界は購入者側だけではな、販売者側にも大きく変化を与えています。

企業の自社ECサイトを出店する動きが今後活発になることが十分考えられます。

未経験からITエンジニアへ転職を考えているなら

倉庫、物流業界

倉庫・物流業界はEC業界に伴い盛り上げっていきます。

さらにITの導入により宅配便も増加し、成長を加速させる可能性は高くなります。

ドローンを使っての自動運転技術も生産性の増加や効率を高めます。

医療業界

ヘルスケアやワクチン関係の事業を中心に今後さらに伸び続けます。

医療従事者不足により、各医療での雇用はさらに加速して採用者を求める動きが高まります。

フードデリバリーサービス業界

こちらの業界は、日本で本格的な成長が見込まれている注目の業界です。
自宅で手軽に外食の気分を味わえることで利用者が増えています。

農業業界

AIやドローンを駆使したスマート農業が進んでいます。
伝統あるブランド野菜が注目されているのも、テクノロジーの進歩により影響が少なからずある。

宇宙開発業界

宇宙開発業界は、世界をリードするアメリカを中心に今後も成長著しい伸びる業界です。
イーロン・マスク氏が経営する「Space X」は世界中にインターネットを届ける「Starlink」計画も掲げる要注目企業もあります。

今後衰退する7つの危ない業界

今後危ない7つの業界

  • 飲食業界
  • 金融業界
  • アパレル業界
  • 航空業界
  • テレビ業界
  • 士業業界
  • 出版業界
  • 飲食業界

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、時短営業のあおりで閉店する飲食店が続出しました。
その一方で、デリバリーやサブスク、店舗運営の自動化が進み新たなビジネスモデルが生まれたぐらいです。

金融業界

金融業界でなかでも、特に厳しいのは地方銀行です。

企業の倒産や消費や投資に対して慎重になる人が増えたことで、金融業界も今後危ない業界と位置付けられています。

アパレル業界

アパレル業界は、外出自粛やリモートワークの定着の影響で、スーツや外出用の衣服を購入する人が減少。

危ない業界として改革が急務と言われいます。

そんな中、ファストファッションな「ユニクロ」や、戦略的な経営の「ワークマン」は伸びており力のある企業として存在感があります。

航空業界

ANA、JALの国内大手2社は過去最大の赤字に直面しており、エアアジア・ジャパンが経営破綻するなど、倒産する航空会社も相次いでます。

テレビ業界

YouTubeなどの動画投稿サイトやSNSの発展により、テレビ離れが深刻化している。
テレビ番組の無料配信サービス「TVer」などもあり、テレビを見る必要性もなくなりつつあります。

出版業界

紙媒体から電子書籍への流れから、出版業界は今後危ない業界に挙げられます。
日本新聞協会の新聞の発行部数データによると、2004年時点で7,000万部以上に対して、2020年は4,200万部に減少している。

伸びる業界に働くのに役立つ資格スキル

これから伸びる業界の企業に転職を考えているけど、どんな資格やスキルを身に付けておけばよいのか?
とわからない人もいると思います。

伸びる業界へ転職を有利に進める上で役立つ資格やスキルを紹介します。

  • IT系の資格
  • 経理、経営系の資格
  • 英語力

この3つを身に付けておくと伸びる業界に転職を有利に進めれます。

IT系の資格

ITエンジニアとして転職を考えているのであれば、プログラミングスキルを身に付けておくことが効果的です。

プログラミングは独学でも身に付けることは可能ですが、転職に直結した実力を身に着けたいのならプログラミングスクールの受講をおすすめします。

おすすめのプログラミングスクール

経理、経営系の資格

会計、経理、経営、コンサルタント関係の資格は、どの業界でも評価されやすいです。
今までの経験と経理・経営の知識をプラスすることで、仕事の幅は大きく広がります。

経理・経営の資格として

取得の難易度もある資格もありますが、それだけ持っていれば転職に有利になります。

英語力

英語力はどんな業界でも基礎として身につけておくといいです。
海外進出する日本の企業も増えているなか、世界の市場をターゲットにしている企業も多くなってきてます。

英語力が高い人材に優遇している企業も多いですし、英語力は転職に有利になります。

英語力を身につける

まとめ 転職するなら伸びる業界を選ぼう

これから伸びる業界、今後危ない業界を紹介しましたが、これから転職を考えているのならいかに伸びる業界・成長業界を選ぶことが必要不可欠です。

成長している業界は新たな技術が習得しやすいし、なんたって高収入が期待できます。

衰退業界でどんな資格やスキルを持って頑張ったとしても給料は上がるどころか減るいっぽうになる。

倒産や閉店が続いている業界に比べ、伸びている業界は仕事を失いにくいです。

未経験や異業種へ転職を考えている人も、必要なスキルと効果的な資格を見極めて、伸びている成長業界へ転職をチャレンジすることを強くおすすめします。

Follow me!

転職するなら成長業界へ” に対して15件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。