人の話しを聞かない人に効く3つの対処法

仕事のビジネスパートナーや職場の人、友人知人にも人の話しを聞かない人はどこにでも存在します。

こっちが話してるのに話をかぶせてきたり、人の話しには興味なさそうな顔をしてたりするんですよね。

そんな、人の話しを聞かない人に悩んでいる人へ3つの対処法を紹介します。

人の話しを聞かない人に効く3つの対処法 

人の話しを聞かない人はどんな場面にも存在してますよね。

特に仕事の場面で、人の話しを聞かない人へのストレスはハンパなくたまっていきます。

人の話しを聞かない人へ効果的な対処法があります。

  • 結論から話す
  • 気が済むまで話しを聞いてあげる
  • 人の話しを聞かない人だと伝える

この3つを実際に実践すると、人の話しを聞かない人へのストレスは減ります。

結論から話す

人の話しを聞かない人は言葉の通り、人が話していることを聞いてません。

雑談やたわいもない会話ならともかく、仕事上の伝えなきゃならないことや打合せする時には、まわりくどい言い回しは止めて結論だけ話しましょう。

『これは〇〇です。』

『△△日までにお願いします。』

結論だけ伝えて話しは終りにする。

こんな淡泊な会話でも、人の話しを聞かない人は、なにかにつけて自分の話しをする人もいます。
そんな時は、無言でうなずいて

『はい、わかりました。これお願いします。』

と、その場を立ち去ればいい。

人の話しを聞かない人は、自分の話しをしたがる人も多いので、巻き込まれないようにしましょう。

気が済むまで話しを聞いてあげる

人の話しを聞かない人は、自分の話しを話したくて仕方ない人が多い。

まずは気が済むまで話しを聞いてあげる。

そのあとにこちらの話しをする。

自分の話しを気が済むまで話した後は、人の話しを聞かない特徴が開花するので、こちらの話しなんて聞いてくれないことがあるんですよね。

気が済むまで話しを聞いた後に、この一言を必ず言うようにしましょう。

『今度は、私の話しをしますから聞いてくださいね』

これを言っても人の話しを聞かない人は聞かないけど、

今度は私の番ですよ!

と区切りをつけることが大事になります。

人の話しを聞かない人へは、話す順番を示すことも有効的です。

人の話しを聞かない人だと伝える

人の話しを聞かない人は、自分が人の話しを聞かない人だとは思っていない。

ストレートに

『あなたって、人の話しを聞かない人だよね~!』

って言えるならとっくに言いたいところ。

あくまでストレートに伝えず遠まわしな伝え方として、人の話しを聞かない人を演じるのです。

人の話しを聞かない人は、自分の話しを聞いてくれない人に対しては、

『ちゃんと聞いてよ』

『人の話し聞いてる?』

って平気で聞いてきます。

それを言われたらチャンス到来!

ここぞとばかりに、

『あなたほどではないよ!』

『今、あなたのマネをしてみた』

と嫌味のひとつぐらい言い返す心の準備はしておく。

これを言い返せれば、人の話しを聞かない人にとっては意気消沈です。

ただし、人の話しを聞かない人は自己主張が強い人も多いので、言い負かされないようにしなければいけませんね。

ここまでくると、口ケンカになってしまうので適度な距離を保つ必要があります。

一時的に距離を置く

口ケンカになったり、気まずい空気感になったら一時的に距離を置きましょう。

口ケンカになるということは、お互い立場が近い者同士と考えられます。

一旦は距離を置くことで改めてお互いの存在価値を見出せることもあります。

メールやチャットを利用する

職場での上司や先輩、部下や後輩にも人の話しを聞かない人はたくさんいます。

同じ立場の人なら気持ちを全開にして話しができるけど、立場が違うと思っていることもなかなか言いづらい。

そんな時は、メールやチャットを利用して仕事の連絡や報告をすればスムーズに仕事が進む。

機械的に淡々と仕事をこなすことで、人の話しを聞かない人へのストレスは減っていきます。

職場のストレスランキング5選を見るとわかる通り、やはり人間関係が上位を占めます。

いかにストレスを受けることから避けれるかが、職場で上手く仕事を進めることにもつながってきます。

人の話しを聞かない人の特徴

人の話しを聞かない人の特徴は5つあります。

  • せっかちな性格
  • 人の話しに興味がない
  • 心と時間に余裕がない
  • そもそも人の話しを聞く気がない
  • 自分の話しばかりで満足してしまう

この5つを理解しておけば、この人は人の話しを聞かない人だと自分の中でジャンル分けできる。

人の話しを聞かない人を理解しておけばストレスは減る

人の話しを聞かない人に意識すればするほど、ストレスは貯まりやすくなる。

『あの人は本当に人の話しを聞かない人だ』と、常に頭から離れない存在になってくる。

そんな人から話しかけられたり、仕事で接しなければならない時には、ストレスはMAXに達します。

そんなストレスの原因になる存在を意識し過ぎることが、そもそもストレスの根源でもあります。

ならば、この人はこういう人だと自分の中でジャンル分けして整理することで意識しなくなります。

・社内でセカセカと小走りするなよ!

・人の話しに全く興味を持てないのか!

・いつもセカセカして落ち着きないぞ!

・人の話しを聞けないのか!

・自分の話しが最優先野郎かッ!

というように、人それぞれ特徴があるのでいちいち腹を立たせストレスを溜めこんでいてはキリがありません。

この人はせっかちな人、

この人は人の話しを聞かない人、

この人は自分が最優先野郎な人、

この人は社内で小走りする人、

こんな感じで自分の中でジャンル分けして整理できればストレスは減ります。

私も、人の言動をいちいち観察する人とジャンル分けされているかもしれませんね。

どうしても人の話しを聞かない人が気になりストレスがMAX

人の話しを聞かない人の特徴を理解してみたが、やっぱり理解できない!

ストレスが貯まるばかり。

そんな時は、環境を変えることをおすすめします。

環境を変えるには、職場で異動を希望してみるとか、担当業務を変えてもらうなどの対処の仕方もあります。

会社が異動や変更を受け入れてくれないなら、転職するのもアリです。

結局なところ、転職理由は給料や休みへの不満もあるけど、一番の理由はやはり人間関係になってきます。

転職することで環境はガラリと変わることがある。

ましてや悪習慣や悪環境の会社は、いつまでも変化することはありません。

悪習慣・悪環境の会社に馴染めた人のみが長く居続けれるのです。

だから人間関係や環境に異変を感じるのは決しておかしいことではなく、むしろ正常な判断です。

よくある話で「会社を辞めてから転職活動すればいいや」って人がいますが、一度会社を辞めてしまうと収入が0円になります。

じゃあ、その状態で余裕をもって転職活動ができるかというと、心理的に微妙だと思います。

なんだかんだで、お金がないことは、心の不安定に繋がります。

転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。

どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

おすすめする転職サイトは、

リクナビNEXT

マイナビエージェント

工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

この3つの転職サイトを登録しておけば間違えなしです。

どれも無料で登録できるので希望の会社はもちろんこと、

転職するなら成長業界へと考えるている人も見つかります。

まとめ 人の話しを聞かない人への対処法

人の話しを聞かない人へ効果的な対処法として、

・結論から話す
・気が済むまで話しを聞いてあげる
・人の話しを聞かない人だと伝える

まずはこの3つを実践してみましょう。

目上の上司や部下へは一時的距離を置き、メールやチャットを利用すればストレスなく仕事を進めることもできます。

そして人の話しを聞かない人の特徴を理解すれば、自分の中でジャンル分けして整理できればストレスは減ります。

どうしても人の話しを聞かない人が気になりストレスがMAXに達した場合は、環境をかえるべく転職も視野に入れる。

何ごとでもそうですが、まずは動いてみないと何も変わりません。

じゃあ、本記事で紹介した「人の話しを聞かない人に効く3つの対処法」を使うタイミングはいつか?

その答えは、今すぐ行動が一番の正解です。

ぜひこの機会に行動して少しでもストレスを減らせる環境を自らつかみ取りにいきましょう!