仕事ができない人に共通する3つの特徴

仕事ができず自分にイライラしたり、

仕事ができない部下や後輩にどうすればいいのか

と悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する

『仕事ができない人に共通する3つの特徴』理解すると、

誰でも簡単に『仕事ができない人からできる人に』変化することができます。

なぜなら、わたしも実際に実践して、

たった1つの考え方と実行で仕事がスムーズにこなせるようになったからです。

この記事では、

仕事ができない人の共通する特徴を紹介します。

記事を読み終えると、

今後仕事ができない自分や部下に対して悩むことは一切なく、

魅力的に仕事を進めれるようになれます。

仕事ができない人に共通する3つの特徴

仕事ができない人、仕事ができない人と思われている人は、
共通する3つの特徴があります。

  • 口癖
  • 指導
  • 能力がないわけではない

この3つを理解して克服すれば、仕事ができない人から仕事ができる人へ変身できます。

仕事ができない人の口癖にイライラする

仕事ができない人の口癖には特徴があります。

これを言ってしまう人は、仕事ができないレッテルを貼れてもおかしくありません。

仕事ができない人が言ってしまう5つの口癖

  • まだやってません
  • やろうと思ってました
  • 言われてませんでした
  • 疲れた~
  • 時間がなくて

この5つを言っているのなら、

いつまでたっても仕事ができない人のまま仕事人生が終わってしまうかもしれません。

まだやってません

じゃあ、いつやるの?

この『まだやってません』と言ってしまう人は、

いつまでにやらないといけないかがわかっていない。

あなたがやっていないことで、

それを待っている人のことなど考えもしていないのです。

やろうと思ってました

本当に?

やろうと思っていてもやれない人や

本当は忘れていたけど言い訳から出てくる

『やろうと思ってました』

〇〇日までにやります!

いつまでにやるかを期日を決めてやらなくてはいけません。

言われてませんでした

確かに、

言われないことはできない

指示がないことはできない

と思いがちです。

仕事は自分から取りにいくものです。

言われなくても、指示がなくても、

自ら考え行動して仕事を取りにいかなくてはならない。

『言われてない』『聞いてない』は、

周りの空気を乱してしまうもの。

言われないとできない、聞いてないから行動しないでは、

仕事に貢献していないといってもいいぐらい。

与えられた仕事をこなすのは当たり前ですからね。

疲れた~

『疲れた~』

『だるいな~』

『面倒くさいな~』

この負のワードはまさしく周りへ負の影響を与えてしまう。

力仕事をした時に疲れたな~はわかるが、

朝出社した時や、何気ない場面での負のワードは発してはダメ!

無意識に発しているのか、誰かに同情してほしいのかは知らないけど、

負のワードほど周りのメンバーのエネルギーを奪っていることを理解しなくてはいけませんね。

時間がなくて

では、その時間はいつ作る?

『時間がなくて』という人は、

時間がなくてできませんでした!

と、言い訳から出てくることが多いです。

忙しいと思い込んでいる潜在意識もありますね。

時間ないのではなく、

どうやって時間を作るかに集中しなくてはなりません。

いつやるのか?

今でしょ!

合わせて読みたい記事

  • 仕事が早い人がやっている3つの仕事術と特徴

仕事ができない人への指導はどうすればいいの?

職場の上司や先輩は、

部下や後輩そして仕事ができない人への

指導を任されることもあります。

仕事ができない人へ頭ごなしに怒ったり、

叱責しては逆効果になる。

仕事ができない人へやってほしいことをやってもらう方法が3つあります。

  • 考えなくていいようにする
  • なんでもタスクに落とし込む
  • ツールや環境を磨く

この3つが仕組化されれば、

だれでも仕事ができない人から仕事ができる人へ成長させれるのです。

考えなくていいようにする 

仕事中は常に作業をすることに専念しよう。

考えながらやる作業は、

手が止まり考える時間の方が多くなります。

だから仕事が進まず、期限に間に合わず、

仕事ができない人になってしまう。

何でもやりながら考えるのは、

設計図がないようなもので途中で行き詰るのは当然。

通勤や休憩時間に考える時間をもっていき、

デスクに座ったと同時に作業に取り掛かれれば、

効率アップするのは言うまでもありません。

考えが進まなければ、

いつでも上司や先輩に相談できるような環境があれば

迷いなく相談ができ仕事が進められます。

なんでもタスクに落とし込む

結局のところ、

仕事ができない人はスケジュールや

タスク管理ができない人なのです。

ならば、「いつ」「いつまでに」「何をやる」

が明確になっていれば、

流れ作業のように仕事が進められる。

自分にタスクを振れれば

『考えました!』

⇒タスクを書き起こす

⇒いつやるか決める

⇒この仕事はここでストップ

⇒ヨシッ!次の仕事にいこう!

このローテーションが仕組化でき歯車がかみ合えば、

仕事がスムーズに進んでいきます。

ツールや環境を磨く

何時に何をやるかをスケジュール管理できると

無駄がなくなる。

仕事の無駄といえば、

考え事や探し物に時間を奪われることが多い。

仕事は作業をして、

生産性を上げて、

利益がでて初めて社員の給料になります。

あの業務どうしよう?

あの資料のフォルダどこ?

そんな考えごとをしてる時間や探し物をしてる時間に対して、

給料は払いたくないのが経営者の本音のところ。

・この時間とこの時間は空いている
・この時間の間に〇〇タスクをやろう
・〇〇について考えをまとめよう

スケジュール管理やタスク管理は常に意識することで、

時間が生み出されます。

特に24時間管理できる手帳やツールを使うことで、

1日が把握できるようにもなります。

なにをやっても上手くいかないこともあります。

仕事の内容には向き不向きがあり、

上手くいかないのは向いてない仕事の場合もある。

そんな時は無理してやるより、

転職して自分に合った業種が見つかることもあります。

転職するなら成長業界へチャレンジすることもおすすめです。

合わせて読みたい記事

  • 生産性を向上させる方法は時間泥棒の上司や取引先と距離を置け

仕事ができない人は能力がないわけではない

仕事ができない人は能力がないわけではありません。

工夫がないし、工夫をしないから仕事ができないのです。

この工夫とは、仕組化をさせること!

仕事ができない人への対応と接し方

仕事ができない人でも自分でできることとして、

先ほど言ったタスク管理です。

タスク管理をすることでスケジュール管理もでき、

時間を生み出すことができます。

時間を生み出せれば、

生産性が上がり期限期日にも遅れることがなくなります。

仕事ができない人と関わりたくない

仕事ができない人と関わりたくないと思っている人もいます。

職場の上司や先輩のような管理職がやることとして、

仕事ができるように導いてあげることです。

タスク管理のやり方

スケジュール管理の組み方

そして相談しやすい環境作りです。

この3つが仕組化できれば、

自然と仕事ができない人から

仕事ができる人へ成長できるのです。

特に相談しやすい環境作りには最大限の知恵を絞ってあげてほしいところ。

仕事ができない人は、

聞くことや話すことが苦手な人もいます。

ましてや人前で相談するのが極度に緊張する人もいるぐらい。

環境作りは職場の管理職が一番考えなくてはならないことになってきます。

合わせて読みたい記事

まとめ 仕事ができない人の特徴を理解すれば仕事ができる人へと導ける

仕事ができない人の特徴として、
・口癖
・指導
・能力がないわけではない

この3つの特徴を理解することで、
仕事ができない人が仕事ができる人へと導けます。

具体的には、
・考えなくていいようにする
・なんでもタスクに落とし込む
・ツールや環境を磨く

これを仕組化することができれば、

仕事ができる人へと成長させることができるのです。

何事でもそうですが、

ますはやってみないとわかりません。

自分で仕事ができない人と感じていたり、

職場の部下に効率よく仕事をしてもらいたいのなら、

『仕事ができない人に共通する3つの特徴』

を理解して実践すれば、なんらかの解決への道は開かれます。

地道にコツコツと積み重ね

仕事ができない人から

仕事ができる人へと成長していきましょう。

決して仕事ができないからといって能力がないわけではありません。

眠っている潜在意識を呼び起こせるように、

自分自身の気づきと、

周りからのアドバイスで人は変われます。

日々進化できるように、前進していきましょう!

仕事ができない人に共通する3つの特徴” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。