転職理由でわかる転職に失敗する人の3つの特徴

『転職を考えてるけど、転職に失敗したらどうしよう?』

と悩んでる人へ!

実は、この記事で紹介する

『転職理由でわかる転職に失敗する人の3つの特徴』を実践すれば

転職に失敗する確率は圧倒的に下がります。

なぜなら、わたしも実際に実践して転職に失敗しなくてすんだからです。

この記事では、

これから転職を考えている人に

転職に失敗しないためのポイントを紹介します。

記事を読み終えると、

これから転職で悩むことは一切なく、

限りなく理想の転職を目指せるようになります。

転職理由でわかる転職で失敗する人の3つの特徴

転職を考えてる人のほとんどが、

『転職に失敗したらどうしよう?』

と、想い悩んでしまうのは仕方ないことです。

なぜなら、転職して失敗したらまた転職を考えないといけない。

今勤めている会社でなんらかの辞めたい理由があるから、

転職を考えているに違いありませんよね。

転職しても上手くやっていけるだろうか?

今までのような同じ悩みや不安は出てこないだろうか?

今までよりもっと辛い環境だったらどうしよう?

と、悩みは尽きません。

この悩みや不安こそが転職で失敗する人の特徴といっても過言ではない。

【転職で失敗する人の特徴として】

  • 転職先に期待しずぎ
  • 自分の実力を理解していない
  • 転職理由が明確になっていない

この3つが転職で失敗する要因です。
逆にいうと、この3つが克服できれば転職で失敗することはありません。

転職理由のランキング

転職を考える理由として、

今勤めている会社に不安なことや不満が溜まり転職を考えるようになっていますよね。

転職理由の上位は、
・1位「給与が低い・昇給が見込めない」 (35.0%)
・2位「昇進・キャリアアップが望めない」(29.4%)
・3位「会社の評価方法に不満があった」 (26.8%)

3位までを評価や昇進に関する不満が占めている。

人間関係を理由としたものは10位以内に2つランクインしており、
「社内の雰囲気が悪い」(26.7%)が4位に、
「尊敬できる人がいない」(23.2%)が10位に入っています。

転職サービス「doda(デューダ)

2020年7月~2021年6月の1年間に転職した、20~59歳の男女正社員。

MONOist

転職を考える理由は、

お金に関係する給料の不満が1位です。

そして、将来の出世への不満から人間関係に。

転職理由は人それぞれですが、

結局のところ給料・人間関係が一番の悩みなんですよね。

これから転職を考えるのであれば、

転職理由ランキングからもわかるように、

転職理由を理解して転職活動を進めていかなければなりません。

合わせて読みたい記事

転職で失敗する人の特徴を理解しておこう

転職で失敗する人の特徴として

  • 転職先に期待しずぎ
  • 自分の実力を理解していない
  • 転職理由が明確になっていない

この3つに当てはまっていると確実に転職しても失敗します。

転職先に期待しずぎ

何事も期待するのはいいですが、

期待すればするだけ期待通りにならなかったことで、

落ち込んだりショックを受けたりするものです。

ならば転職を考えている今、

転職に期待するのは今日をもって止めましょう!

転職先に期待をすることといえば、給料や待遇ですよね。

この給料と待遇に期待しすぎると、

実際の給料や待遇で思っていた以下の状況なら

落ち込んだりショックを受けることが大きくなる。

だったら最初から、

給料は今までよりも低い、待遇は新入社員と同等。

この初心の気持ちで挑むのが一番です。

最初から給料や待遇がいいと、後々昇進やキャリアップは望めませんからね。

自分の実力を理解していない

自分の実力を理解していないほど

無知で無能なことはありません。

「〇〇の資格を持っている」

「▢▢の経験と知識がある」

「こんな実績がある」

今までの資格や経験、知識や実績は

転職した会社で全てが通用するわけではありません。

転職していきなり実力を発揮できることはほぼありません。

あなた以上の資格や経験、知識や実績を持っている人はいくらでもいます。

ましてや、あなたがただ単に思い込んでいる経験値に過ぎないこともあります。

「わたしは今までの経験を生かして、御社で活躍できること間違えなしです」

なんてことを心の中でひっそりと思い描くのは自由ですが、

自意識過剰は言葉や態度に出るので、

転職では命取りになる可能性があるということだけは理解しておくべきです。

自分に自信を持つことは大切です。

でも、転職では過信がなによりも不必要であることは言うまでもありません。

転職理由が明確になっていない

転職で失敗する人の特徴の中で、

一番が転職する理由が明確になっていないことです。

「なんとなく転職しようかな」

「今の会社よりあっちの会社の方が待遇が良さそう」

「土日祝が休みに憧れる~」

こんな感じの理由で転職すると、

そのうちまたなんとなくの理由で転職を考えるようになってくる。

例えば、今の会社より給料アップに特化して転職したいのなら、

給料以外の待遇や職場環境は我慢できるもの。

休みが少なく家族との時間を大切にしたくて、

完全週休2日制に特化した会社に転職を考えるなら、

給料は今より低くても昇進もなくてもいい。

これが転職する明確な理由です。

転職する理由は人それぞれですが、

これだけは外せない!これだけは譲れない!

といった明確な理由と願望が、

転職で失敗しないための気持ちとしてモチベーションになっていくのです。

合わせて読みたい記事

  • 期待するから腹が立つ!期待通りに物事を進める3つの方法

転職理由の本音とは

転職する理由は人それぞれあります。

そのなかでも上位が、

「給与が低い・昇給が見込めない」

「昇進・キャリアアップが望めない」

「会社の評価方法に不満があった」

この3つが転職理由の上位です。

そして、上司や先輩からのパワハラや人間関係によって、

会社を辞めたい転職したい気持ちになるもの。

転職活動で、

今の会社を辞める・辞めたい理由を面接官に聞かれることもあります。

面接ではウソをつくのはダメ!

ウソを言うより本当のことを言うのが正解。

ただし不平不満をぶつけるのはNGです。

転職理由 キャリアアップ

転職理由ランキングの上位に入っている、

「昇進・キャリアアップが望めない」

あなたにとって、昇進やキャリアアップはどうしたらできると思いますか?

昇進は、役職が上がり給料が増えること。

キャリアアップは、昇進や転職などで、

その人の置かれている環境や経歴がレベルアップすること。

スキルアップは、個人の能力を鍛えてレベルアップすることです。

ここで言う、

「昇進・キャリアアップが望めない」理由は、

あなたがどうにかしてできるものではないということです。

あなたの上司があなたの将来を左右するといってもいいぐらい。

いくらあなたがキャリアアップできる能力や人望があったとしても、

あなたを評価する上司に認められなければ、

いつまで経っても昇進はおろかキャリアアップもできません。

昇進・キャリアアップするには、

あなたの上司がいなくなるか、

あなたが環境を変えるかの二つに一つです。

上司がいなくなるのは期待しにくいので、

あなたが環境を変えた方が一番手っ取り早い。

転職によって環境を変えるのです。

この明確な理由があれば、

転職してもモチベーションを保ちつつ失敗することはありませんね。

職場のストレスランキング5選でストレスチェックをしてみてください。

転職理由 パワハラ/人間関係

職場の上司や先輩からのパワハラや人間関係によって、

会社を辞める人もかなり多いです。

一度でもパワハラにあった人ならわかると思いますが、

パワハラを受けると仕事どころか全ての集中力が奪われます。

・仕事に身が入らない

・仕事のミスが多くなる

・コミュニケーションが取りずらくなる

・会社で相談できる人がいない

・プライベートの時間もパワハラのことを考えてしまう

・家族に打ち明けられない

・笑顔を忘れる

といった、生活全てが嫌になり精神的不安定に陥ります。

わたしもパワハラ被害の1人なので、

この辛さは痛いほどわかります。

いくらパワハラ加害者と和解したところで、

永遠にわだかまりは取れるものではない。

ましてや同じ会社の上司や先輩で、

毎日のように顔を見合わせるような環境なら

本当に会社辞めるしか解決できないこともある。

というより、

辞めないと解決できません。

このどうしようもない負の感情を抱きながら

仕事を続けるのはほぼ不可能です。

職場でのパワハラや

やりたくない事をやめるには負の感情をエネルギーに変えると解決する

パワハラされた負の感情をエネルギーに変えて転職活動するほど、

転職しても失敗しにくいのです。

転職先でパワハラされたらどうしよう?

と悩むとこですが、

安心してください!

一度でもパワハラされると防衛本能が身につきます。

パワハラへ対する強い気持ちが持てるようになってますので!

合わせて読みたい記事

まとめ 転職で失敗しないために転職理由を理解しておこう

転職で失敗する3つの特徴として

・転職先に期待しずぎ
・自分の実力を理解していない
・転職理由が明確になっていない

この3つがあげられます。


この3つの特徴を理解すれば、

転職で失敗することはありません!

そして、なぜ転職をしたいのか?

なぜ転職をするべきなのか?

この転職理由を明確にすることで、

転職してからもモチベーションを保ちつつ仕事を続けられます。

転職をする人みんなが、

転職する前から失敗するなんて思ってもいないはず。

不安や期待、夢や希望を抱いて転職することは大事なことですが、

転職に悩んでいる今だからこそ、

『転職理由でわかる転職に失敗する人の3つの特徴』からもわかるように、

失敗する人の特徴や転職したい理由を心のなかで整理してみましょう。

心が整理できれば、

あとは転職活動に集中して、

あなたにあった魅力的な企業に転職できることを願っております。

転職を考えることは悪いことでもマイナスなことでもありません。

むしろ環境を変えるための大チャンスです!

【関連記事】

≫ 職場の上司からパワハラを受けてるなら3つの対処法で解決できる!

≫