態度が悪い部下は上司のせい!3つの対処法で任務を遂行せよ!

a casual person using a macbook laptop
Photo by Vlada Karpovich on Pexels.com

って、態度が悪い部下に悩んでいませんか?

そんな態度が悪い部下に日々悩んでいる上司であるあなたに向けた記事になっております。

もう、部下がどうしようもないくらい態度が悪く対処法がわからないなら以下の記事を参考にどうぞ!

言うことを聞かない部下へ3つの効果的な対処法

desperate evicted male entrepreneur standing near window
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

そもそも態度が悪い部下は上司であるあなたが部下の態度をそうさせてしまっていることに気づいてください!じゃあどうすればいいのか?

次の3つを意識すれば部下の態度は少しずつ変わっていきます。

上司であるあなたがこの3つを意識すると部下の態度は日に日に変わります。

誰でも嫌われたくないし仲良くやれれば言うことないですよね。これがそもそも間違いの始まりです。嫌われたくない気持ちが本来やらなきゃいけない指導、教育、指摘、指示を鈍らせてしまう。指導の一環で間違いを注意して嫌われたらどうしよう?嫌な上司と思われたくない!部下と仲良しクラブ的な考えを持っている上司がいると部下は上司をナメて態度がでかくなる。いずれ部下は上司を友達かのように勘違いしてナメられるのも時間の問題ですね。

部下や後輩と馴れ合いすぎて友達かのように群れていませんか?もしこの状態なら今すぐにでも馴れ合いを絶ってください。なぜなら会社は仲良しクラブでも学校のサークルでもありません。ビジネスの場です。この学生気分の馴れ合いが「なあなあ」の関係性になり上司どころか仕事をナメてくる。部下の態度を悪くさせるもっとも典型的な原因です。

上司であるあなたが部下の前で他の人の陰口や悪口の批判をするとどうなると思いますか?部下はその人のことをダメ人間と想像するでしょう。あなたの感情がそのまま部下の感情になるケースもあります。部下はあの人は仕事できない人、あの人はダメ人間な人と思い込み、自然とその人に対して態度が悪くなる。部下の態度が悪いのは、上司であるあなたの態度が悪いから。

woman scolding teen daughter for bad behavior
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

まずは態度が悪い部下の特徴を理解しよう。

態度が悪い部下の特徴は大きく分けて4つあります。

この4つが態度を悪くさせていることに気づけると対応の仕方が見えてきます。

態度が悪い人ほど承認欲求が強い。俗に言う認められたいのです。

仕事ができる人だね!すごいね!と言われたい願望が人より強い。だからいくら仕事とはいえ、社会人1年目とはいえ、承認欲求の願望が抑えきれなくなり謙虚な姿勢がとれなくなる。挙げ句の果てには、俺はこんな業務をするためにこの会社に入ったわけじゃない!俺はもっと上の立場になるべき人だ!って、知識も経験値もないのにプライドだけが先走ってしまう。

入社2~3年目ぐらいである程度1人で仕事を任されると、会社の仕事はおろか世の中の仕事を全部わかった気になりがち。さも俺はなんでもできると勘違いしだす。そんな時に難題が目の前にあろうものなら、見て見ぬふりしたり、自分はこんな業務はやらないなどと言いその場を逃げる。社会人2~3年目にしてチャレンジ精神はなくなり簡単な業務しかできないわりに自分は能力が高いと勘違いしだす。

態度が悪い原因の一つに生まれ育った環境が影響してます。親からのしつけが甘かったり、なんでもハイハイ言ってくれる家庭環境だったり、先輩後輩の境目がないクラブに依存してると自然とわがままに育つのです。誰にも叱られたり指導されたことがないと、社会で少し指摘されたぐらいで不貞腐れた態度をとってしまうのです。明らかに生まれ育った環境が物を言うとはこういうことです。

「この会社は長くはないんで!」

なにかにつけて退職をほのめかす社員っていますよね。どうせ引き止めてくれると思ってすぐ会社辞めるかもしれないアピールをしてしまう。もっと言うと、あなたがいないと会社が成り立たないとでも言って欲しいのか?辞めるかもしれない人がいると、チームの輪が乱れるのはもちろん仕事の役割や業務分担が狂ってしまうのです。嫌なら辞めればいいし、辞めるなら辞める覚悟をしてから辞めると言え!これに尽きます。

woman in black blazer looking at woman in grey blazer
Photo by Christina Morillo on Pexels.com

態度が悪い部下への対応として、

態度が悪い部下への対応はこの4つが決め手となります。

いくら態度が悪い部下にでも機嫌をとる上司がいます。機嫌を悪くされ業務をやってくれなかったらどうしよう?って、部下へ気を遣いすぎるのは上司としての指導とはいえません。機嫌が悪かろうが、腐れようが、間違ったことやミスはハッキリと言うべきことは遠慮なしに伝えなければなりません。変に気を遣い遠慮する上司には部下はナメた態度をしますので。

部下に遠慮して指導できない上司はナメられる3つの理由

雑談や井戸端会議のようなコミュニケーションをとるよりも、日時を決めて個別ミーティングをした方がいい。個別ミーティングをすることで、普段の悩みや不満、やりたいことやできていないことのすり合わせができる。このすり合わせが上司と部下の関係性をより深めれる。皆の前では話せない悩みだってあるかもしれないし、態度が悪くなる原因も掴めることだってある。週に一回や月に一回の個別ミーティングにより、上司と部下の意思疎通を作る場面が必要になってきます。

態度が悪い部下ほど承認欲求が強い。認められたい、自分は他の人よりも優れている!だから誰からも認められなかったり軽く見られるのが我慢できずに態度が悪くなる。そんな部下には、あなたは特別な人でもなんでもないことをわかってもらう必要がある。

態度が悪い部下に遠慮してもなにも解決しません。会社や仕事は嫌なら辞めてもいい選択肢を導いてあげることも上司としての仕事のひとつです。嫌々仕事をされて態度が悪くなり周りに迷惑をかけるような態度の悪い部下へは、辞めてもらって結構なぐらいで接するのも一つの対応です。

態度が悪い部下は上司であるあなたに原因があります。でも職場の取り巻く環境が態度の悪い社員を作り出している場合もあります。

・新入社員を子供のように甘やかす環境

・なにかとハラスメントに意識しすぎな環境

・そもそも教育制度が整っていない環境

この3つが、新人が育たず態度が悪い社員を作り出す環境そのものなんです。

こんな環境であなたが意識を変えて態度が悪い部下に指導したとしても、あなたに嫌な役を押し付けてあとは知らん顔!なんてこともあります。こんな職場環境にいてもこの先も良くはならないでしょう。ならば環境を変えるために転職を考えるのが賢い選択です。職場環境を変えるならまずは転職サイトに登録して優良企業からのオファーを待ちながら転職先の候補を探すことをおすすめします。

下記からあなたに合った転職サイトがみつかります。どれも無料なので転職を考えている今こそ登録だけでも済ませておきましょう!

おすすめの転職サイト3選

crop sportive couple clasping hands in gym
Photo by Julia Larson on Pexels.com

なにごとでもそうですが、まずは動いてみないと何も変わりません。じゃあ本記事で紹介した「態度が悪い部下は上司のせい!3つの対処法」を実践するタイミングはいつか?その答えはは今すぐ行動が一番の正解です。

態度が悪い部下への意識改革として

嫌われる勇気を持つ

部下は友達でもなんでもない

部下の前で陰口や悪口を言わない

この3つの意識が必要になってきます。

態度が悪い部下への対応として、

遠慮しないでハッキリ伝える

定期的に個別ミーティングをする

あなたは特別ではない

嫌なら辞めてもいい

態度が悪い部下への対応はこの4つが決め手となります。

態度が悪い部下への意識と対応をすると少し負荷がかかるかもしれませんが、より良い豊かな生活を目指すには歯を食いしばることが必要です。まずは行動してそして動きつつ考えてみよう。是非この機会に行動できるよう前進あるのみです!

Follow me!