40代で転職を失敗しないためには不安と疑問をまずは解決しておこう

40代で転職を考えているほとんどの人は、不安やら転職への疑問がたくさんあって悩んでいませんか?

実は、転職する前に不安や疑問を取り除くことによって、前向きにそしてモチベーションアップして転職することができます。

なぜなら、私は転職する前に抱いていた不安や疑問を解決して取り除いたことによって、スッと転職できたからです。

【関連記事】

⇒ 同業他社へ転職を成功させた経験者が語る不安を解決した15の事

40代からの転職

40代で転職に限らず20代・30代の誰でも不安になったり、疑問を抱くことは当たり前のことです。

私は40歳の時に転職をしました。

40歳を迎えようとしてた私は結婚して2児のパパ、そしてマイホームのローンもあります。

苦しい家計 家計

40代で転職を考えている人の中には心機一転、新たな未経験の業種にチャレンジする人や、憧れや回りの影響でなんとなく目先のことだけで判断して転職してしまう人もいるかもしれません。

40代という年齢は、その業種で勤めていた年数にもよりますが、経験値豊かで知識も豊富な年代です。

その経験値を存分に発揮できるのは紛れもなく同業種の仕事ではないでしょうか!

心機一転、新たな職種にチャレンジして一から頑張るぞ!

という決意と覚悟があるのなら別ですが。

新たな職種へ転職するのは気が引ける

40代になると心機一転に、新たな職種へチャレンジするのはなかなか気が引けるはずです。

でも、それは当然のことです。

40代に限らず転職するには、年齢が高ければ高いほど転職は不利になるのが現実ですね。

そんな不利な状況でも、あなたが40代でも、あなたの培った経験値や知識を必要としている企業は数多く存在してます。

心機一転に新たな職種に進みたい憧れや希望がある人もみえますが、あなたの経験値や知識をこのまま眠らすのは非常にもったいないことです!!

同業種へ転職を考えよう

もし、あなたが40代で転職を考えいるなら?

40代の節目で転職するのなら?

あなたの経験値と知識を思う存分に、同業他社で開花させてみてはいかがでしょうか!

【関連記事】

⇒ 転職サイトおすすめ3選!
仕事を探す男性 仕事

ただし、40代という年齢で転職するには、40代なりの決意と覚悟を持って転職活動しなくてはなりません。

40代は経験値と知識が豊富にあるからこそ、それと同じくらいプライドが大きく我が強くなっています。

転職先ではいくら経験値と知識があるからといい、そのプライドと我が強いことは全く必要ありません。

私は40歳で転職したときに、自分に言い聞かせるように決意と覚悟をしました!

覚悟 筆文字 覚悟

決意と覚悟

【自身への誓い】

・役職や収入を過剰に期待しない

・郷に入ったら郷に従う

・新入社員と思う

・過去の栄光と必要ないプライドは捨てる

・経験値と知識は内に秘める

・業務では経験値と知識を存分に出す

・しったかぶりはしないこと

・意識して人間観察をすること

・美化意識を持つこと

・泥臭く仕事すること

・最初の1~2年はがむしゃらに挑むこと

・人より早く出社すること

・時間は守る

これを見て感じる人もいますが、40代で転職するからこそ初心に戻り、基本動作をしっかり見つめ直すことが最も大切です。

家族のため、子供のため、そして、なによりも自分のために!!

他にも、人それぞれ考えて自分への誓いがあると思います。

40代で転職するなら節目の年ということもあり是非、あなたの経験値と知識を転職にぶつけてみてはいかがでしょうか!!

人生は一度きりしかありません!

悔いと後悔だけはせずに、思いきってチャレンジしましょう!

まとめ 40代で転職を失敗しないためにやるべきこと

憧れや回りの影響でなんとなく、目先のことだけで判断して転職するのは止めましょう!

40代という年齢は、経験値豊かで知識も豊富な年代です。

転職は、年齢が高ければ高いほど不利になります。

心機一転に、新たな職種へチャレンジするのもいいですが、今までに培った経験値や知識を必要としてくれる企業は数多く存在しているのです。

ならば、その経験値を存分に発揮できるのは紛れもなく同業種の仕事なんです。

同業種への転職を考える前に、不安や疑問を解決して、決意と覚悟を自身に誓えばもうすでに同業種への転職はすぐそこまで来てます。

経験値と知識を生かして、同業他社への転職を成功させてください!

採用のイメージのイラスト 採用

【関連記事】

⇒ 土曜出勤・休日出勤が多いと会社辞めたくなる

⇒ 営業成績が上がらない営業マンに絶対に読んでほしい本

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください