同業他社へ転職を成功させた経験者が語る不安を解決した15の事

「転職 成功」の画像検索結果

 

同業他社へ転職を考えている人は、不安や疑問を抱えて悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する

『不安や疑問を解決する15のこと』を意識するだけで、

意外と簡単に同業他社へ転職できるようになります。

なぜなら、私が同業他社へ転職を成功させた時に抱いた不安と疑問でもあるからです。

この記事では、同業他社へ転職する時に解決しておくべき不安や悩みを実例を元に紹介します。

記事を読み終えると、同業他社へ転職する際に不安に思ったり悩むことなく転職活動を進めることができますよ!

これから同業他社へ転職を考えていて不安や疑問を持っている人に、なにかしらの参考やヒントになれば幸いです。

同業他社へ転職する前に

解決しておかなきゃならないことがある

同業他社へ転職を成功させた経験者が語る不安を解決した15の事

 

同業他社へ転職したら今の会社へバレないか?

「バレる」の画像検索結果

バレるかバレないかでいうと、バレる確率は高いです。

親しい同僚、信頼がある先輩、上司についつい転職のことを相談したのがきっかけでバレることがあります。

あと転職した先の会社の事務員さんが保険のことや税金のことで、前の会社へ何も考えずに問い合わせをしてしまい、バレてしまった事例もあるぐらいです。

誰にも相談もせず、誰にも同業他社へ転職することを話してないのにバレしまうこともあります。

それは同業他社へ転職すると、その業種の業界内で付き合いのある業者さんや取引先でどうしても情報が出回る可能性があるということです。

『あの人あの会社に転職したらしいよ』

『あの人あの会社に引き抜かれたらしいよ』

というように、情報は早かれ遅かれ出回る可能性は高くなりバレることの方が多いです。

バレたらどうなるのか?

『なんだあいつはッ!?』

『何でライバル社へ行ったんだッ!?』

というように、ただ単に前の会社の人に変な感じで思われるだけです。

正直、これから前の会社の人と関わりがないのだから、なにを言われようがどんなこと思われようが関係ありませんよね!

そんな人のことは気にせずに、今の転職先での新たな仕事に打ち込むことに専念しましましょう!

そして、前の会社に同業他社へ転職してバレた時に一つ考えておかなければならない重要なことがあります。

それは

前の会社の就業規則

就業規則に同業他社への転職が禁止と記載されているのであれば、越えなければならない壁が一つあるのです。

それは次項を参考にしてください。

 

同業他社へ転職が禁止と就業規則に書いてあるけど、転職したらどんな罰則があるのか?

「罰則」の画像検索結果

同業他社へ転職を考えている人はこれが一番の不安と疑問を抱いてることでしょう。

就業規則によく書いてあることとして、退職後の2年間は同業他社や競業は禁止と書いてあるところが多いです。

職業選択の自由

ただ労働者には憲法第22条件で、『職業選択の自由』が保証されています。

退職後に独立開業したり、同業他社へ転職したりして競合する会社で働いてもなんら問題はないのです。

初めて学生の時に習ったことが役に立ち、憲法が自分を守ってくれる瞬間ですね!

一番引っかかるこの『罰則』とはどんなことかというと、退職金がもらえるか、もらえないです。

次の事項で考えてみましょう。

同業他社へ転職しても退職金はもらえるのか?

「退職金」の画像検索結果

そもそも退職金制度がない会社は、同業他社への転職を規制したりする就業規則がない会社もあります。

先ほど言いましたように、『職業選択の自由』により同業他社へ転職することできます。

ただ、同業他社へ転職が禁止されているのであれば、退職後に同業会社へ転職したのがバレたなら、退職金がもらえなかったり減額させられたり、中には賠償請求されてしまうこともあります。

会社により退職金の金額はそれぞれですが、やはり貰えるものは貰いましょう。

就業規則には同業他社へ転職が禁止とされているなかで、同業他社へ転職してさらに退職金を全額もらうにはどうしたらよいのか?

それは同業他社へ転職することをハッキリ伝えて辞めることです!!

そして同業他社へ転職するという理由で会社を辞めることが決まったら、一般的な考えの会社なら誓約書にサインをして終わりです。

そして堂々と退職金を受け取ることができます。

ただ退職金の支払いを拒み、何かしらの妨害をしてくる会社もあります。

そこは会社の体質によるものなので全て会社がすんなりと退職金を支払ってくれるところばかりではないのが現実です。

『職業選択の自由』により同業他社へ転職しても退職金がもらえなかったり減額されるのは絶対に避けたいところです。

詳しくはこちらを参考にしてください。

⇒ 労働情報相談センター

私の場合、退職した後に同業他社へ転職したのがバレて退職金の支払いをしてくれませんでした。

その後に前の会社から提示された誓約書にサインをして合意して退職金を満額頂きました。

その時の誓約書の内容がこちらです。

退職時の誓約書事例

誓約書

私は、〇〇年〇月〇日付けにて貴社を退職し、同業他社である□□に事前承諾なしに〇月〇日付けで就職いたしましたことは、服務規程第3章に抵触いたしますので、下記に記することを誓約致します。

私は、貴社を退職するにあたり、貴社にとって不利益になる行為を一切いたしませんことをここに誓約致します。

事後になりましたが、何卒ご配慮賜わります様宜しくお願い致します。

 

退職金の支給額は勤務年数等で会社ごとの計算式で算出され、その人ごとに支給額は違います。

会社で積み立てをしたり退職金制度の保険に加入している会社であれば、なおさら退職金をもらう義務はあります。

会社の就業規則や規程を事前に把握することで解決できます。

もし、以前に同じ理由で退職した人がいるのであれば、その人に相談することも一つの解決策になります。

やはりお金に関することは支払う方ももらう方も、シビアに考えなくてはならないものです。

同業他社へ転職する中で一番悩ましいのがこの退職金なのです。

有給休暇は取得できるのか?

「有給休暇」の画像検索結果

会社で決められた有給休暇を取得することはできます。

辞めるタイミングが繁忙期だとすると、まれに会社からこの日まで仕事できないかと要請されることもあります。

会社に恩を売る気持ちがある人ならば、有給休暇を削って奉仕する人もいます。

ただし、その年度に有給休暇を取得した日数と残りの日数を確認しておくことがよいです。

ここで考えておきたいこととして、

・いつまでに会社に辞めることを告げればいいのか?

・いつから有給休暇を取得できるのか?

・有給休暇は何日あるのか?

この3つのことを意識して転職するまでの予定を逆算してみましょう。

会社にもよりますが、退職する2か月前までに退職願を提出するところが多いです。

退職願いを提出してもすぐに受理されないこともあります。

引き留められたり、退職することを認めてくれないこともあります。

そういったことも考えると、退職願いを提出するタイミングは慎重にならなければなりません。

私の場合は3月16日から転職先の入社が希望でしたので、有給休暇も1か月分残っていたこともあり2か月前の1月15日に退職願を提出すればいいところ、前月の12月15日に退職願いを提出しました。

想像してた通りに、『何でやめるのか?』『考え直せ!』と言われ、

何度も面談してようやく受理されたのが年が明けた1月15日頃でした。

ここは計画通りに進み、2月15日まで仕事して2月16日~3月15日まで有給休暇を取得し3月16日から転職先に入社することができました。

同業他社へ転職したら前の会社から嫌がらせを受けないか?

「嫌がらせ」の画像検索結果

同業他社へ転職した時に前の会社からの嫌がらせというか、嫌味な行為は多かれ少なかれあると思います。

直接的な嫌がらせとして、同業者の間で悪評判なウワサを過大に言いふらされてしまうこともあります。

同業者が集まる会合では、前の会社の役職者が転職した会社の役職者に嫌味をいったりすることも中にはあります。

悪評判や嫌味な言動というのは正直半年ほどで消えます。

それほど人は退職した人のことなどそこまで覚えていないですし、興味はなくなるのです。

嫌がらせや嫌味な言動をされるということは、あなたが前の会社で影響力があり実力があったからこそされる嫉妬心だと思ってください。

そして、私が体験したこととして資格移行のことで少し嫌がらせを受けました。

資格といっても国家資格であれば会社を辞めようが転職しようが関係なく、更新し続ければ一生自分の財産として持つことが出来ます。

ここでいう資格移行というのは、業界・業種で定められた資格のことです。

その業界・業種で定められた資格は転職先に自然に移行できればいいのですが、私の場合は前の会社が認めない限り転職先に資格を移行することができないことになっておりました。

前の会社では、資格取得のために時間と費用を提供してもらい、その資格のおかげで業界・業種の仕事ができていたのですから、考えてみたら当然のことかもしれません。

とはいえ、また同じ業界で仕事をするには前の会社で取得した資格が必要になるわけです。

結果、前の会社の役員に転職した会社の役員が直談判して、業界内での資格を全部移行することができました。

業界・業種の定められた資格については会社により考えはさまざまですので、同業他社へ転職する時に資格移行が必要であればやはり円満退社が望ましいのもわかりますよね。

同業他社へ転職した時に前の会社の人に遭遇したらどう対応すべきか?

これはいたってシンプルなことです。

同業他社へ転職したら当然のように前の会社の人に会う機会はあります。

でも今までと同じように接すればよいのです。

中には転職先のことを詳しく聞いてくる人もいますが、その人が信頼できる人出来ない人関わらずあまりベラベラ話すことは避けたほうがいいです。

何気ない会話の話が大きくなり、回り回って自分に不利益なことになる可能性がありますので注意が必要です。

転職先での給料や役職はどうなるのか?

「役職者」の画像検索結果

これが一番肝心なことになります。

何のために転職するのか?何を求めて転職するのか?目的により転職先への希望は違いますよね。

今の会社より給料がいいのか、待遇がいいのかは面接の時に聞かなければなりません。

面接では口だけの約束になりがちですので、書面で給料や待遇を提示してもらうことが一番よいです。

面接の時には給料は〇〇万円です。役職は〇〇長からやってもらいたい。

と言われて入社したら全然違っていたという人もいます。

給料、待遇、休日、各種保険は必ず把握して納得しないと入社してから不満を抱いていては遅いです。

なかなか面接で聞きにくいことも

しっかり自分の希望を伝えていくのも

転職で失敗しない方法のひとつです。

転職したものの話と違う待遇だったらどうすればいいのか?

「話と違う」の画像検索結果

よくありがちなことが面接の時と話しが違うということです。

前項と同じになりますが、面接の時に疑問や待遇はしっかり聞くことにより入社した時の待遇が違うということを避けられます。

書面に書いてあることやましてや給料面の違いはすぐに相談しましょう。

社内でのケアレスミスにより手当が付いていなかっり、ささいな数字の間違えがあることもあります。

あきらかに面接の時と話しが違ったり、書面で書かれている待遇が違うならすぐ相談してください。

相談するタイミングをズルズルと先延ばしにすると、解決できるものも出来なくなることがなります。

気になることがあればすぐに相談することです。

何のために転職したのか?

その目的のために転職したことが違っていたら元も子もないので、ここは遠慮なく相談して聞くべきなところです。

 

転職先で業務をこなしていけるかが心配!

「心配」の画像検索結果

同業の仕事とはいえ、転職先でやっていけるかどうかの不安はつきることはありません。誰もが不安に感じて心配になってきます。

独自のシステム、会社のルール社風は会社により全然違います。

やる気と自信を持って入社することは大切なことです。

でも、ほんの少しの過信が転職先では致命的なことになることもあります。

やる気と自信、謙虚な気持ちがあれば業務をこなすことはできることでしょう。

不安になったり心配しているということは、謙虚な気持ちの表れです。

気がついた時にはその不安や心配は無くなっているに違いありませんね。

転職先では新人扱いされるのか?

「新人扱い」の画像検索結果

新人扱いされます。どんな人でも最初は新人扱いされます。

いくら前の会社で役職がついていようが実力があろうが、そんなことは転職先の社員全員は知らないのです。

入社してしばらくは新人扱いされるのは当然です。

新人扱いされて当たり前のだと思って入社すればいいのです。

最初は変にカッコつけたり、経験や実力を振りまくような言動は控えるようにしましょう。

いずれ嫌でも発揮しなければならない時がきます。その時でも決して遅くないです。

実力が発揮できれば自然にあなたを見る目が変わり、新人から仕事が出来る人に一瞬で変わる時がある日当然やってきます。

ルーキーキラーに潰されるかが心配!

どこの会社にも『ルーキーキラー』という新人にちょっかいを出したりする人がいます。

そういう人の特徴は決してイジメようとしたり、潰しにきているわけではありません。

試しているのです!!

この人はこの会社でやっていけるかのか?

この人はちゃんと仕事を取り組めるのか?

だからちょっかいを出してきたり、時には横柄な態度で接してくるのです。

そこで優柔不断な態度だったり、元気がなかったり、自分の意見がなかったりすると本当に潰しにかかってくる人がいますので

堂々とした態度で対応するのが一番です。

その人が思っている以上の実力が発揮するようになった時には、ちょっかいを出されるどころか今後あなたにとって強い味方になってくれることもあります。

堂々した対応と言動があれば決して心配することはありません。

 

年下や経験が浅い人にはどう接すればいいのか?

「年下の上司」の画像検索結果

転職すると自分より年下の人や経験が浅い人は当然います。

自分より年下だからといってタメ口や上から目線の接し方はNGです。

自分より年下でも経験が浅い人でも、あなたより早くその会社に入社した先輩にあたるのです。

あなたがそこで自分より年下だから経験が浅いからといって、接し方を間違えるとあなたの成長はそこで止まります。

年下でも経験が浅くても謙虚な姿勢で接するのです。

相手もあなたのそんな謙虚な姿勢を見て真似されるような存在になると社内環境も変わることでしょう。

慕われるような存在になり相談されるような存在にもなれるのです。

会社はそういった社内環境の変化を望んで、同業他社の転職を受け入れているところもあったり、中高年の採用を積極的に取り入れている会社も多いとのことです。

やっぱり前の会社の方がいいと感じたらどうすればいいのか?

転職して1人で仕事を任されるようになってきたときにふと感じることがあります。

前の会社の方が良かったかも!?

前の会社の方がラクだったかも!?

と感じることがあるかもしれません。

正直それは無いものねだりです。隣の畑は良く見えるともいえます。

ただ転職を考えたのも、行動してその会社に入社したのも、あなた自身です。

誰のせいでも誰が悪いわけでもありません。

もう一度転職した目的とその当時の気持ちを振り返って心のモヤモヤが消えるかもしれません。

前の会社の方がいいと思うということは、現状に満足してないことが考えられます。

転職して3か月ぐらいでそういった気持ちにもなります。

どうしても現状が辛く、また前の会社に戻りたければ前の会社に相談するのもいいかもしれません。

意外と受け入れてくれるかもしれませんね。

 

転職したからといって、絶対にずっとその会社で働かなくてはいけないわけでもないです。

自分の人生は自分でしか決められないので、また転職を考えてもいいと思います。転職を考えた時が転職をする時なのです!!

流行りのプログラミングスクールなどに通って勉強して、スキルアップしてから転職してみるのもひとつの手段ですね!

 

補足ポイント

ビジネスマナーについて

同業他社へ転職に関わらず退職する時に提出しなければならないのが退職願書です。

転職するとはいえ今までお世話になった会社に提出する書類として避けては通れないのが退職願です。

最低限のビジネスマナーと敬意を払い転職して退職する時には意識するものです。

退職願、退職届、辞表は何となく意味は一緒でも状況と立場によって書き方が違います。

退職願…… 会社へ退職を打診する書類

退職届…… すでに退職が認められた後、届け出る書類

辞表…… 経営層や公務員が職を辞する時に届け出る書類

 

詳しい退職願・退職届・辞表の書き方はこちらを参考にしてください。

⇒ 退職願・退職届 書き方 渡し方

同業他社へ転職を考えている人へ

転職に向けて心の準備も大切ですが、どうやって転職先を探そうかと悩むところです。

ネットで『転職』と検索すれば無数に情報がでてきます。

情報が多すぎてどこの何がいいのかわからず、結局転職できないまま元の生活に逆戻りだけは避けたいですね。

 

そこで私なりに厳選したおすすめの転職サイトを3つに絞りました!

リクナビNEXT

マイナビエージェント

工場ワークス

この3つになります。

どれも登録は無料のサイトになりますので、とりあえずどんなものか様子を見るって人でも登録だけはしておいてくださいね。

それぞれおすすめポイントを簡単に紹介します。

リクナビNEXT


一番のおすすめは地域・職種問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができるリクナビNEXTです。

転職を考えたことがある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

なんたって、リクナビNEXTにしかない求人が非常に多いのが特徴なんです。

どの転職サイトを使うか迷っている 人、

すでに転職活動を進めているが上手くいかない人、

転職を考えているが何から始めたら良いかわからない人

初めての転職でどうやって始めていいかかわからない人でも

安心して転職活動ができるのがリクナビNEXTです。

スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届きます。

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能なんですよね。

まだ転職意向が低い人でも、自分の可能性を広げる機会として活用するのもヨシです。

自分のスキルを活かせる職場に行きたいと考えている人、良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいいと思っている人、いろいろな仕事を知って視野を広げたいと考えている人にはピッタリの転職サイトになります。

リクナビNEXTに会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、 リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービスになります。

診断に答えることで自分の強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できるのです。

自分の強みがうまく語れなかったり、転職意向はないが診断には興味があったり、日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている人へも

おすすめの転職サイトとなってますね。

⇒ リクナビNEXT

マイナビエージェント

業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや、転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスがあるのが

マイナビエージェントなんです。

マイナビエージェントの3つのメリット は、関東エリアの求人を網羅していて東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富なのです。

20~30代の転職サポートに強く、人事&採用担当との太いパイプもあり、応募書類の準備から面接対策まで親身な転職をサポートしてくれます。

賢く転職するなら求人情報豊富なマイナビエージェントの登録は外せませんね!

⇒ マイナビエージェント

工場ワークス

全国各地の工場求人情報、工場に従事するいろいろな職種の求人情報が掲載なのが工場ワークスです。

女性に人気の食品加工の仕事もあったり、正社員、派遣、契約社員、アルバイト・パート、業務委託 などの雇用形態別の情報も充実してるのです。

寮付きの仕事や交通費支給の仕事など、細かいこだわりの条件で調べることができるのがおすすめのポイント!

工場ワークスには細かい条件別に多くの製造業の求人が掲載されています。

働く場所や職種、雇用形態、その他の条件などを絞り込んで、求めている条件にぴったりの仕事が見つかる求人サイトが工場ワークスの魅力なんです。

言わずと知れた、全国各地でモノづくりの製造業に特化した求人サイトになります。

日本の技術のさらなる発展を目指して、自身のスキルアップとして職人としての腕をとことん磨いてみよう!!

製造業の転職サイトなら登録せざるを得ないですよね!

⇒ 工場ワークス

転職を考えているあなたへ!

転職をすることにより、あなたのスキルをさらに伸ばして生活を向上できることを陰ながら応援しています。

あなたの確かなエンジニア力を発揮する時が来たのです!!

⇒ 「A8.net」を開発運用するアフィリエイトソリューションプロバイダーの
株式会社ファンコミュニケーションズが業務拡大につき技術者を募集中。

まとめ 同業他社へ転職する前に解決しときたいこと

同業他社へ転職を考えているのであれば、ほぼ間違いなく転職後は前職にバレます。

バレるというより、同じ業界なので早かれ遅かれウワサが広まり前職に伝わることでしょう。

どうせバレることが目に見えてわかるのですから、前職の就業規則は必ずチェックしなくてはなりません。

ほとんどの会社の就業規則に、同業者や競合他社への転職は禁止されていたり、何らかの制限があると思っておいてください。

でも、『職業選択の自由』という法律があなたを守ってくれます。

ただし、前職との間で退職時の誓約書等の取り交わしは必須になってきます。

そこさえクリアできれば、前職との障壁を乗り越えれます。

給料面や待遇面は、事前に確実に聞いて納得しなければなりません。

これを適当な感じで受け流すと、後々痛い目にあいます。

痛い目どころか、前職よりも給料や待遇が悪くなることもあります。

この給料や待遇に関しては、納得のいくまで話し合いが必要不可欠になってきます。

そしてなによりも、一番肝心なことは、転職先でのあなたの立ち振る舞いかたです。

この立ち振る舞いかたを間違えると、いくら優良な企業に転職できたとしても、あなたの実力や経験値を充分に発揮することは難しくなります。

同業他社へ転職するなら、なによりも自信を持って挑んでほしいです。

あなたの自信と野心が同業他社から求められているのです。

なんのために転職するのか!?

これを自分の中で決意と覚悟を持って、真面目で謙虚に明るく元気に対応すれば、あなたは同業他社へ転職を成功させることができるはずです!!

さあ、今こそ行動する時です!!

思い切って第一歩を踏み出し、豊かな未来をイメージして突き進みましょう!!

 

≪関連記事≫

 ⇒ 転職を成功させた経験者が語る自分を明確化した3つの心の準備とは?

◆ ⇒ 営業成績が悪い人【必読】成績が上がる3つの基本的な行動と考え方

 

同業他社へ転職を成功させた経験者が語る不安を解決した15の事” に対して22件のコメントがあります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください